表示画像の反転方法|株式会社 ティー・イー・エム

TECHNICAL INFORMATION

技術情報

2019.07.01

小型カメラ

表示画像の反転方法

表示する画像を上下や左右に反転したい場合、ミラーという機能を使用します。
IDS社のuEyeカメラは、IDS社提供のデモプログラムuEye Cockpitを使用することで簡単にミラー機能を使用することができます。

・uEye Cockpitのツールバーから、「プロパティ」を選択します。
ツールバー

・カメラのパラメータ設定ができるダイアログボックスが開きます。「サイズ」タブを選択すると以下のような表示になります。サイズタブでは、撮影画像の大きさの調整や表示画像の反転の設定が行えます。画面中央からやや下の「フォーマット」欄の「ミラー」項目にて、左右反転を行う場合は「左/右」に、上下反転を行う場合は「上/下」にチェックを入れます。上下左右の反転を同時に行うことも可能です。
サイズタブ

uEye Cockpitで行える設定は、表示画像の反転までです。反転された状態で画像の保存を行いたいなどの場合は、プログラミングをしていただく必要がございます。

お問い合わせ