Ensenso 3Dカメラシリーズ|カメラ 3次元カメラ

カメラ(3次元カメラ)

Ensenso 3Dカメラシリーズ

IDS Imaging Development Systems GmbH

3DカメラのEnsensoは、3Dビジョン及びロボットビジョン用途向けの産業用ステレオカメラです。ステレオビジョンの原理とパターンプロジェクターを組み合わせることで、高精度の3次元情報の取得を実現しております。Ensensoは、接着や溶接などの複雑な組み立てプロセスや、ビンピッキングなど、正確で高速な処理を求められるアプリケーションにも最適です。SDKは統一されているため、別のEnsensoシリーズカメラへの置き換えを容易に行うことができます。

製品カタログPDF

FlexView 機能

FlexView 機能搭載のモデルでは、静的シーンの視差マップの詳細度を向上させることが可能です。本機能では、投影光でのパターンマスクの位置を、圧電アクチュエーターを使用する機械システムによって小刻みに変換します。これにより、被写体表面のさまざまなテクスチャを表現できます。同じ被写体のシーンからテクスチャが異なる複数の画像ペアを撮影し、多数の画像点を生成することで、解像度を増加させます。撮影したすべての画像ペアを使用し、照合アルゴリズムにて大幅に改善された視差マップが計算されます。

アプリケーション例

製品リスト

製品デモ動画

Ensenso 3D ステレオビジョンカメラと HALCON 画像処理による3D 物体検証


Mikado Adaptibe Robot Controlと連携したロボット制御


Ensenso Nシリーズにて素材の切断サンプルアプリケーション
 

IDS Imaging Development Systems GmbH

IDS社は、USB2.0カメラの開発と販売に20年以上の実績があり、今日ではUSB3.0およびUSB3.1 Gen1の産業用デジタルカメラの開発においてもマーケットを牽引しております。IDS社のカメラは、開発・製造を全てドイツで行っており、世界中に販売をしております。優れた品質管理システムにより、高い品質と長期的な安定供給を保証いたします。