小型レーザーラマン分光器|加工・計測・分析 ラマン

加工・計測・分析(ラマン)

小型レーザーラマン分光器

Wasatch Photonics

Wasatch Photonics社の小型レーザーラマン分光器は、光損失の少ない同社製透過型体積位相ホログラフィックグレーティングの搭載によりf値1.3と非常に明るい分光器を実現しております。 これにより、飛躍的に感度が向上した事を受け、従来検出が困難で有った微弱なラマンスペクトルのサンプル測定を可能にしております。 大型ラマン分光装置と比べても同等レベルの高感度な測定が可能でコストパフォーマンスに優れた小型分光器です。 研究用からOEM用まで幅広いご用途でご使用頂けます。
・各励起波長: 405nm・532nm・633nm・785nm・830nm・1064nm各専用器をラインナップ。
・透過型グレーティングの搭載によりSNRの優れた高感度測定の実現、標準的な分光器と比べ10倍以上のラマンスペクトル強度が取得可能。
・環境依存性が極めて低く、かつ耐振動に優れた強固なコンパクト筐体、多様な現場での計測が可能。


メーカーの製品紹介ページはこちら(外部サイトへ遷移します)

アプリケーション

  • 無機系サンプル
    推奨レーザー励起波長: 405nm, 532nm

    • 炭素系ナノマテリアル(グラフェンなど)、半導体材料
    • 金属酸化物、鉱物、宝石類分析
    • 共鳴ラマン計測
    • SERS(表面増強ラマン散乱)

    励起波長405nm, 532nmは、高いラマン散乱強度を得る事が出来る一方でサンプルによってはダメージを与え蛍光が発生いたします。この問題を解決するためにはより長波長の選択が必要です。

  • 有機系サンプル
    推奨レーザー励起波長: 633nm, 785nm, 830nm

    • 化学薬品、有機物質
    • 医薬品、薬物、食品
    • 生体サンプル、医療診断
    • SERS(表面増強ラマン散乱)

    励起波長633nm, 785nm, 830nmは、サンプルからの蛍光をおさえ良好なラマン散乱強度を得る事が出来るため、各用途に対応したバランスの良い代表的な波長です。

  • 有機系サンプル
    推奨レーザー励起波長: 1064nm

    • 食用油、医薬品、ポリマー
    • インク、色素、染料、ニス
    • 炭素系物質、半導体
    • 生物系サンプル、医療診断

    励起波長1064nmは、サンプルからの蛍光を軽減出来る波長です。然しながら、ラマン散乱強度が微弱のためこの波長帯では優れたSNRを有する分光器が必要とされます。

スペック(製品郡名)

小型レーザーラマン分光器

ラマン分光器オプション
サンプルカップリング

  • ファイバーインプット

    f値1.3分光器にマッチした測定プローブの使用により、SNRの優れた測定が可能です。散乱光のアライメントを容易にし、ラボや測定現場での使用に適しております。

  • フリースペース

    分光器搭載のN.A値0.36の光学レンズにより、多くのラマン散乱光の入射、および自由度の高い独自のサンプル光学系の設計を可能にしております。 研究およびOEM用途に適しております。

  • LD搭載型

    LD制御およびサンプル測定に最適化されたカップリング光学系一体型のターンキー方式の分光器です。ラボでの使用やOEM用に適しております。

  • 検出器冷却
    Ambient(非冷却), Regulated(10℃), TEC(-15℃)

    信号強度、SNR 及び汎用性等に応じて、上記冷却オプションをご選択頂けます。
    高感度検出を必要としない標準的なアプリケーションにおいてはAmbientでも十分ですが、非常に低い検出限界(LoD)や多くの積算時間を必要とする測定をご要望の際はTECを推奨致します。

  • スリットサイズ
    10um, 25um, 50um

    サイズにより感度と分解能はトレードオフの関係です。 大きさに比例しより多くのラマン散乱光を分光器に入射出来るため感度が向上する一方で分解能は低下いたします。
    然しながら、Wasatch社製分光器はf値1.3と非常に明るく、狭いサイズにおいても高感度測定が可能です。

その他小型分光器

Wasatch Photonics

Wasatch Photonics社は米国 ユタ州およびノースカロライナ州に拠点を置く、体積位相ホログラフィックグレーティングの製造をコア・テクノロジーとした分光器・OCTの先進メーカーです。