AIベースの画像処理が可能なCPU搭載カメラ

カメラ(CPU搭載カメラ)

ビジョンアプリベースの産業用カメラ IDS NXT シリーズ

IDS Imaging Development Systems GmbH

IDS NXT シリーズは、これまでの産業用カメラとは異なり、全く新しいカメラです。CPUが搭載されており、作成した任意のアプリケーションをカメラ側で実行することができます。これまでの産業用カメラのように取得した情報をPCに送りPC側で処理するといったことをせずに、カメラ側で全てもしくは一部の処理を行い、その結果をPCに送ることができます。アプリケーションはGenICam等で作成することができます。
また、NXTシリーズのカメラは、クラウドベースのAIソフトウェアであるIDS NXT lighthouseを使用してトレーニングしたAIをカメラ内のFPGA上で実行させることもできます。AIを今すぐ始められるようスターターキットの準備もございます。
本カメラモデルの情報は製品カタログのページ15~16にも記載しております。

製品カタログPDF

シリーズ毎の特長

■ AI対応
■ デュアルコア CPU 1.3GHz
■ RAM 2GB
■ フラッシュメモリ8GBを搭載
■ 防塵・防水に対応 (IP65/67)※romeのみ

製品リスト

※カラーモデルは標準でIR Cut Filter が付いています(650nmより長い波長をカットします)。
 モノクロモデルは標準でIR Cut Filter は付いておりません。

IDS NXT lighthouseについて

クラウドベースのAIソフトウェアであるIDS NXT lighthouseでは、ユーザーがAI ベースの画像処理タスク向けのトレーニング画像を管理し、個別のニューラルネットワークを作成できます。これにより、ユーザー固有の用途に適したAIカメラに転換できます。トレーニングを行うために、ディープラーニング、画像処理、カメラプログラミングといった知識は必要ありません。
IDS NXT lighthouseには以下の5つの特徴があります。

■ 事前知識不要でニューラルネットワークをトレーニング可能
■ 個別の開発環境をセットアップすることなく、すぐ使用可能
■ わずか3ステップのシンプルなワークフロー
■ 推論の速度と精度をユーザー側で決定可能
■ きわめて高いセキュリティ保護

IDS NXT lighthouseの詳しい使い方は、【技術情報:IDS社製 NXTカメラでAIを実践】で説明しております。
https://tem-inc.co.jp/contents/small-camera/1181/



 

NXT カメラ AI スターターキット

NXTカメラでAIを今すぐ始められるようスターターキットの準備もございます。
<スターターキットの内容>
■ Sony社製カラーセンサー(6MP)搭載NXT rio
■ イーサネットケーブル
■ カメラの電源
■ 三脚アダプター
■ Edmund Optics社製レンズ(16mm)
■ IDS NXT lighthouse使用ライセンス(6か月)

アプリケーション例

■ 異常検出
■ 表面分析
■ 欠陥検出
■ 分類作業
■ バーコード、文字、ナンバープレートの読み取り
■ 顔、表面上の異常または傷の認識
■ 物体の検索、測定、計数、識別

IDS Imaging Development Systems GmbH

IDS社は、USB2.0カメラの開発と販売に20年以上の実績があり、今日ではUSB3.0およびUSB3.1 Gen1の産業用デジタルカメラの開発においてもマーケットを牽引しております。IDS社のカメラは、開発・製造を全てドイツで行っており、世界中に販売をしております。優れた品質管理システムにより、高い品質と長期的な安定供給を保証いたします。