HDR・高感度モデルが選択可能なInGaAs(SWIR)カメラシリーズ

カメラ(2次元カメラ)

短波長赤外線(SWIR)対応 InGaAsカメラシリーズ

New Imaging Technologies

NIT社製のSWIRカメラは、900nm~1700nmに感度を持つInGaAsカメラで、低コストでかつ高性能で複数のアプリケーション向けに設計されております。WiDyシリーズは、あらゆる照明条件で高いダイナミックレンジと高品質の画像を提供します。インターフェースもUSB3.0からCameraLinkおよびアナログ出力、GigEまで幅広くご用意しております。Hipeシリーズは、高感度かつ低ノイズが必要なアプリケーション向けに開発されたカメラです。

製品カタログPDF

シリーズ毎の特徴

主な仕様

アプリケーション例

■ サーモグラフィー
NIT社は、新しいイメージング技術で、ハイダイナミックレンジを持つInGaAsセンサーを完成させました。120dBのハイダイナミックレンジを達成する対数応答型のセンサーは、250°C~3000°Cの温度変化でも、シーン全体をサチレーションを起こすことなく撮像できます。ガラス産業では、1,000°Cで溶融したガラスの滴と、300°Cに維持されたコンテナの中のガラスを、特別な操作なく、1台のカメラで確認することができます。


■ 半導体の検査
SWIR波長帯は半導体検査のための最良の波長領域の1つとして認識されています。ウェハーや太陽電池パネル上のクラック・欠陥の検出、また集積回路の故障解析にも、InGaAs波長(900nm~1700nm)はシリコン内部を透過するため適しています。NIT社では、センサーの開発・製造をしているため、低コストかつ高性能を実現します。


■セキュリティー監視
Gated imagingモードでは、特定の深度(距離)のスライス画像を取得できます。アプリケーションは、セキュリティー監視だけでなく、見通しの悪い環境(厳しい気象条件)での観測や距離の推定、障害物の位置特定など様々です。 NIT社のWiDy SenSは、最短の有効露光時間、最短の立ち上がり時間、最高のダイナミックレンジを備えた精度を同時に提供します。

■ 絵画の検査 / 熱量の検知 / 高温ガラスの検査

<動画>

■ ウェハ検査


■ レーザー加工状態観察


■ レーザー溶接観察
 

システム要件

New Imaging Technologies

New Imaging Technologies (NIT)社は、15年以上の研究開発経験を持つ、カメラモジュール及びセンサーのメーカーです。経験豊富なCMOS設計、機械、電子のエキスパートがおり、開発したイメージングセンサーは様々な製品に採用されております。特にHDR(ハイダイナミックレンジ)カメラ、近赤外波長対応のSWIRカメラを得意としており、マシンビジョン、航空宇宙、医療など、様々なアプリケーションで使用されております。

関連製品