ハイダイナミックレンジ MAGICカメラシリーズ|カメラ 2次元カメラ

カメラ(2次元カメラ)

ハイダイナミックレンジ MAGICカメラシリーズ

New Imaging Technologies

NITのMAGICカメラは、NIT独自のCMOS特許技術によりダイナミックレンジが140dBを超えるセンサーを搭載しております。波長帯400nm~1,000nmに感度をもつNITのCMOS製品は、カラーカメラ・モノクロカメラかつUSB2.0,USB3.0,CameraLink,GigEをインターフェースにした産業用デジタルカメラとして独自のソフトウェアとともに提供されております。堅牢なアルミニウムハウジングをはじめ最適化されたサイズ・重量およびに消費電力等の特徴も相まって、照明条件が急激に変化する環境や予期しない反射があるシーンにおいても飽和しづらいNITカメラは、マシンビジョンに最適なソリューションです。

製品カタログPDF

製品リスト

New Imaging Technologies社 独自開発のセンサーについて

New Imaging Technologies(NIT)社では15年以上にわたる研究開発の実績に基づき、カメラをセンサーから設計、開発、製造しております。他社にない独自のイメージングセンサーは、これまで様々なOEM製品向けにも使用されております。センサー単位でのご提供については、弊社までご相談ください。

NIT社のHDRセンサーの仕組み
NIT社のHDRセンサーは、太陽電池の原理を活かして開発されています。他社では露光時間の異なる画像を撮影し、それを統合してHDR画像としているのが一般的ですが、NIT社のセンサーは、センサー自体が光に対して対数応答(LOG応答)となっており、140dB以上のダイナミックレンジに対応しております。そのため、通常の線形応答のセンサーとは異なり、強い光を撮影する際もサチレーションを起こしません。

アプリケーション例

■ 溶接業界向け ハイダイナミックレンジカメラ
MAGICカメラは、サチレーションや光の輪に阻まれることなく、溶接トーチの高品質な画像を提供し、作業効率を向上させます。製品本来のハイダイナミックレンジ(最大140dB)によって、フィルターは不要となり、アーク光と加工溝を1つのイメージで同時に見ることができます。関連するすべてのパラメータは、画像処理なしでモニタリングできます。


■ サーモグラフィー
NIT社は、新しいイメージング技術で、ハイダイナミックレンジを持つCMOSセンサーを完成させました。120dBを超えるハイダイナミックレンジを達成する対数応答型のセンサーは、650°C~2000°Cの温度変化でも、シーン全体をサチレーションを起こすことなく撮像できます。

<動画>

■ LEDフリッカー抑制


■ ヘッドライト検査


 

システム要件

New Imaging Technologies

New Imaging Technologies (NIT)社は、15年以上の研究開発経験を持つ、カメラモジュール及びセンサーのメーカーです。経験豊富なCMOS設計、機械、電子のエキスパートがおり、開発したイメージングセンサーは様々な製品に採用されております。特にHDR(ハイダイナミックレンジ)カメラ、近赤外波長対応のSWIRカメラを得意としており、マシンビジョン、航空宇宙、医療など、様々なアプリケーションで使用されております。

関連製品