自動ファイバークリーバー ProCleave™ |加工・計測・分析 光ファイバー加工機|オプティクス・ファイバー 光ファイバー加工機

加工・計測・分析(光ファイバー加工機)
オプティクス・ファイバー(光ファイバー加工機)

自動ファイバークリーバー ProCleave™

Northlab Photonics AB

NorthLab(ノースラボ)社のProCleave™ は高度な自動ファイバークリーバー(切断工具)です。切断可能なファイバー径ごとに異なるモデルを用意しております。汎用的なファイバー径用のProCleave™ HSはファイバークラッドの直径80~250μmに対応し、大きなファイバー径用のProCleave™ LDはファイバークラッドの直径125~550 μmに対応しております。
ProCleaveは、使いやすさ、プロセス速度、および高い生産歩留まりが重要となる生産ラインで使用するために特別に設計されています。また同時に、研究開発用途にも適しています。高度な超音波ダイヤモンドスクライブ技術を使用し、最適な切断効率と一貫性を実現しています。このクリーバーは非常に平坦な端面と小さなクリーブアングル(標準として<0.5°)を高い再現性で生成します。外部部品やアクセサリなしで、対象のファイバーの直径に対して自動調整する独自の汎用的な固定機能を有しています。外部電源または内蔵の充電式バッテリーで駆動させることが可能で、融着機用のファイバーホルダと一緒に使用することもできます。(Fitel、フジクラ、エリクソン等、ほとんどの主要な融着機メーカーに適合)

製品カタログPDF

主な特徴

■ 最適な切断品質および再現性を実現する自動切断プロセス
■ 自在なファイバー固定機能
■ ファイバークラッドの直径80~250µm(HSシリーズ)、直径125~550µm(LDシリーズ)に適した設計
■ 端面が非常に平坦で小さなクリーブアングル(通常 < 0.5°、125µm径、SMF28)で仕上げることが可能
■ バッテリーまたは外部電源で給電可能
■ Fujikura、Fitel、3SAEのファイバーホルダを利用可能なプラットフォーム

クリーブアングル精度の分布

クリーブ端面例

※デモ機のお貸出しも可能ですので、ご希望の場合には是非お問い合わせください。

Northlab Photonics AB

NorthLab社は、通信用途やハイパワーなど、光ファイバーの様々なアプリケーションに多くの経験を持ったメーカーです。光ファイバーを用いた製造工程内、及びR&D環境下で必要なクリーバーやリコーター、融着前の端面検査装置など、技術者目線で設計された精度の高い製品のご紹介が可能です。通常インハウスで行われるFBGファイバー用の製造装置など、他社にはない画期的な製品を持っている点も特徴です。ご使用条件に合わせたセミカスタムもお気軽にご相談ください。

関連製品