近赤外LED使用 小型分光計 LMS-R|レーザー・光源 LED

レーザー・光源(LED)

近赤外LED使用 小型分光計 LMS-R

LED Microsensor NT LLC

LMS-Rは、1.3~2.4µmの波長を持つ12種類のLEDと広帯域フォトダイオードで構成されるコンパクトで軽量な分光計です。固体、液体、パウダーなどの様々なサンプルの反射・散乱特性を高速かつ簡単に測定することができます。この分光計のキーポイントは、複数の波長から構成されるLEDと広い波長帯を検出するフォトダイオードの光学系にあります。LEDとフォトダイオードを同時に実装することで、分光計の小型化を実現し、また消費電力、応答速度、価格においても優位性を保っています。

製品カタログPDF

主な特徴

■ 1.3~2.4umの範囲で固体および液体サンプルの反射・散乱スペクトルの測定
■ コンパクトで軽量なサイズ(60 x 42 x 42 mm /130g)
■ 所要時間1秒の高速測定
■ 低消費電力(最大2.5W)
■ USBインターフェースを通したPCからの電源供給及び操作
■ Windows PC用ソフトウェア付属

アプリケーション例

■ 食品解析:サンプルの吸収特性による標準パラメータからの偏差によって解析
■ 医療目的の生体材料検査:血液中や尿の糖度検査など
■ 湿気管理:紙、木材、コーヒー、ウール、建材など
■ 水分濃度検査:液体内(油分の有無に関わらず)、炭化水素の検出も可
■ 厚さ解析:プラスチックなど

仕様

■ LEDピーク波長(µm):
  1.31 /1.45 /1.51 /1.55 /1.66 /1.76
  1.84 /1.94 /2.06 /2.16 /2.21 /2.36
■ サイズ(mm):60 x 42 x 42
■ 重量:130g
■ 本体材質:アルミニウム
■ USB電源供給(最大電力2.5W)
■ 対応OS:Windows 7, 8, 10

LED Microsensor NT LLC

LED Microsensor社は、高い電気光変換効率を誇る中赤外波長のLEDを提供しています。同社はロシアで15年以上、中赤外波長のLEDを研究・開発・少量製造を続けてきました。発振波長は1.0μmから4.6μmにわたり、長寿命であるLEDの産業用途での使用実績が増え、中赤外波長のLEDメーカーとして唯一量産に対応したメーカーとして注目を集めています。

関連製品